中古車を選ぶ際に気を付けたい事のまとめ!

タイミングベルトよりタイミングチェーンを選ぶ

タイミングベルトは日本車では10万キロを目安に、外車であればそれよりも早い段階での交換を推奨しています。中古車を購入後にベルト交換をすると高くつきますので、既に交換済みかタイミングチェーンの中古車を選ぶ方が得策です。説明文に明記されていない場合は必ず問い合わせをする事が重要です。タイミングチェーンの中古車はこの先も交換は必要ありませんが、点検だけは必須になりますのであまりにも走行距離があるものは避けた方が良いでしょう。

内装品に釣られないようにしましょう

内装品をアピールしている車より、中古車の現状を正直に説明されている業者は信用が置けると言えます。内装品をアピールするという事は、中古車自体にアピールするポイントが無いとも取れるからです。内装品は購入後からでも好きなように換えれますので釣られない様にするのが得策です。大事なのは中古車がこの先トラブルなく走行できるかという点です。注目したいのは、異音がするかどうか、大きな凹みが無いか、改造されていないかです。

必ず実走行のものだけ選びましょう

走行距離不明は避けるべきです。中古車はメーター交換されているケースがあります。以前は車検証に車検を受けた際でも走行距離を記載されない時期があったためです。今では実走行を調べる術がありますのでトラブルは起きにくくなっていますが、個人売買のケースでは気を付けなければなりません。販売者側も分からないという場合が多々あるからです。後に故障が出てくれば必ず後悔しますので、気に入った中古車が出てきても避けるようにしましょう。

ボルボを中古車で購入する場合、新車と比べて費用を抑えることができるため、新車では予算的に購入が難しいという人でも安心して購入できます。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.